【イベントレポート】60ものメディアが手を組み、コンテンツマーケティングを支援する「All About PrimeAd」のプラットフォーム戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年418日に行われた「第1 MarkeMedia Days」に弊社中島が登壇し、『月間2500万のオーディエンスデータとNTTドコモ社のデータを活用したコンテンツマーケティングプラットフォーム「All About PrimeAd」のご紹介』と題して、お話をさせていただきました。


IMG_8537_01-1

コンテンツマーケティングに取り組む企業が抱える悩み

コンテンツマーケティングに取り組み始めた企業の中には、ユーザの関心事がわからず、コンテンツをどんな切り口にするか悩む企業が少なくありません。また複数の集客施策を行った時、それらをどうプランニングし、振り返るかということも、マーケティング担当者の悩みの一つです。

きちんとユーザに向き合うためには、想像ではなくデータで正しくユーザを理解することが重要です。そのためには、配信結果を活用し、どういうユーザにささったか確認するのも有効な方法です。

イベントでは、データを活用して新しいコンテンツの切り口を発見した事例や、最適なメディアプランニングのもと、コンテンツ配信の精度を高めていく事例などを紹介いたしましたので、ぜひご覧ください。

イベントレポートを読む>>(logmiへリンクします)